天然素材の家のメリット

MERIT

環境にもやさしい自然素材のメリットMERIT

一日の大半の時間を過ごす家には、住み心地、耐震性など、快適性や安全性が当然のごとく求められますが、近年は家族の健康を考えた、自然素材を取り入れる住宅が増えています。
というのも、高断熱・高気密の高性能な住宅になると、化学物質を含む工業製品によって室内に汚染された空気が溜まりやすくなり、健康面での心配が高まることになるからです。そこで今回は、自然の素材がもたらすメリット・デメリットを合わせて紹介していきます。

健康にも環境にもやさしい自然素材

自然素材を用いることにより、シックハウス症候群や化学物質過敏症などの健康面の心配がなくなり、子どもがいる家庭にとっては安心の住まいとしてくれます。
そして、有害物質を含まないので環境にもやさしい素材です。また、こちらの株式会社CAPDが手掛けた住宅のように自然の素材をふんだんに使い、その素材たちが時とともに色味や風合いなどを移り変える素材そのものが持つ味を楽しめる住まいとすることもできます。

調湿効果

夏場は湿気が多く、冬場は空気が乾燥する一年を通して湿度変化の大きい日本の気候下では、自然の素材が持つ調湿効果は大きなメリットとなります。
無垢材や珪藻土などがその代表で、機械を使わず自然に室内を快適な湿度に維持してくれます。伝統的な日本家屋でも、天然木や土壁が湿度を調節するのと同様に、自然素材の家でもそうした効果を発揮してくれます。

癒し効果

自然の素材が持つ癒し効果を求めて住まいに取り入れる方も多いのではないでしょうか。特に、無垢材が持つ木の香りは、日々の精神的な疲れをまさに癒してくれるものです。
また、手作業で行っていく珪藻土なども塗りムラをデメリットとする見方もありますが、逆にそのムラがつくり出す陰影が室内を独特な雰囲気にしてくれたり、人の手が作りだす温かみを感じることができる、工業製品ではつくり出せない効果を発揮してくれます。

断熱性・保温性も高い

無垢材などの木材は、断熱性や保温性にも優れています。もちろん家全体として、この性質を活かす気密性や断熱性を考える必要がありますが、そのために木材は大きな役割を果たしてくれます。
こちらの株式会社SEKI.DESIGNが手掛けた住宅では、様々な自然の素材を使いながら、版築壁という土壁の一種を薪ストーブの後ろに立てて耐火壁とし、さらに蓄熱装置としても兼ねています。このように、適材適所に様々な種類の天然の素材を是非用いてみて下さい!

価格が高い自然素材

すでに完成していて現場で設置するだけのような工業製品と違い、無垢材や塗り壁などは施工を1つ1つ手作業で行うため、手間と時間がかかる分どうしても価格が高くなってしまいます。
しかし、一日の大半をその住宅で過ごし、マイホームとなるとその後数十年間住み続けることになる住まいですので、家族の健康面を考慮すると、それだけコストをかける価値のある素材かもしれません。

ひびや反りの心配

自然の素材なので、どうしても誤差が生じてきます。無垢材であれば、乾燥による反りやねじれ、割れや変色することもあります。珪藻土や漆喰などの塗り壁の場合は、乾燥から生じるクラック(ひび)、また塗りムラや素材のばらつきが出る可能性もあります。しかし、メリットの方でも述べたように、それらの欠点も含めて時間を経るごとに天然の素材のいい味となるので、こうしたデメリットを楽しむ余裕があるといいかもしれません。

家族の健康を守る自然素材MERIT

ぜんそくの子どもが増えています。
ぜんそくとは気管支が傷付き、腫れたり、たんがつまることで、気管支が狭くなり空気が通りにくくなる病気です。
子どものぜんそくになる罹患率は増加をし続けています。
小児ぜんそくの約8割は3歳までに発症するとされ、その多くはアレルギーが原因といわれています。

代表的なアレルゲンは3つ

1日のうち多くの時間を過ごす家の中には、たくさんのアレルゲンがありますが、
その代表的なものが『化学物質』『ダニ』『カビ』です。

化学物質

化学物質とは家をつくる材料となる建材に多く含まれています。
例えば、集成材という木と木を接着剤で張り合わせることにより、従来の木よりも強度を高めた材料です。
この接着剤に『ホルムアルデヒド』と呼ばれる化学物質が含まれています。

シックハウス症候群の予防3つ

そのほか、接着剤だけではなく、その建材への塗料や防腐剤などにもたくさんの化学物質が含まれています。
右図が室内に発生する化学物質の代表例です。
この化学物質の怖いところは、アレルギーだけではなく、『シックハウス症候群』を引き起こす原因にもなるのです。

ダニ・カビ

ダニは,ぜんそくだけではなく、『アレルギー性鼻炎』や『アトピー性皮膚炎』などを引き起こします。 カビは気管支炎やぜんそく、『アレルギー性鼻炎』や『皮膚炎の原因』ともなります。
どちらも湿気が高く、閉めきりの部屋など通気性の悪いところに発生しやすくなっています。

子どもは大人よりもリスクが大きい

アレルゲンや有害物質に対して、大人よりも影響を受けやすいのが子供です。まだ歩けず、背が低い子どもは必然的に床付近の有害物質に対して高濃度にさらされる可能性があります。
また、子どもは食べる量に対して体が小さいので、体重に換算すると、大人よりも高濃度の化学物質を摂取しています

お母さんも注意!

胎児期への影響も忘れてはいけません。
化学物質は比較的容易に胎盤を通過します。また母乳にも、母体に蓄積された化学物質が含まれるため、子どもの環境を整えるだけではなく、お母さんも極力有害物質を避けることが大切です。

私たちが桧にこだわる理由MERIT

私たちが自然素材の中でも桧にこだわる理由があります。
桧は昔から神社やお寺をつくるにあたり、重宝されてきた木材です。
成長するまでに長い時間とたくさんの手間がかかることから高級木材としても知られています。
特徴として、柱や土台に用いられるほどの強度もあり、伐採されてからも200年間はさらに強度も増すそうです。

カビ・ダニ・シロアリに強い

また、抗菌と防虫効果も高く、カビやダニの繁殖を抑制する効果もありますが、さらに床や壁・天井などの内装材に使用することで、室内の調湿機能も良くなり、よりカビ・ダニの抑制効果が高まります。
そして、土台として使用すればシロアリ被害への対策になり、土台に散布する薬剤への頼ることも減るのです。
当社の桧三昧ではシロアリ対策として、危険な化学物質のふくまれる薬剤を使用せず、桧土台+特殊工法で体にやさしい家づくりを心がけています。
土台や柱としての充分な強度を持ちながらも、表面の柔らかさや肌ざわりの良さの特徴もあるため、小さな子どもにもおすすめです。
まさに、桧は木の王様と呼ばれるくらい住宅に適した材料なのです。
だから私たちは自然素材でもその中でも桧にこだわった家づくりをしています。

高い耐久性

ヒノキを含め無垢材は一本の木から角材や板を切り出したものです。
そのため、合板フローリングなどでありがちな床下からの湿気などにより表面の単板がはがれてくるということがないため、劣化することがほとんどなくそのままの姿であり続けることができます。
ヒノキは加工が容易であることから寺院や神社の建築において昔から利用されてました。
実際にヒノキで建てられた世界最古の木造建築物である法隆寺は現在もその姿を見ることができます。
このようにヒノキは耐久性がとても高く、半永久的に張り替える必要がないほどなので、ずっと住むことを考えるとランニングコストを抑えることができます。

足触りが心地良い

無垢材のフローリングはとても「足触りが心地よい」という特徴があります。
フローリングの生活をしている方であれば、夏は「ベタつく」ような感じがするのではないでしょうか。
そして冬になると「ヒンヤリ」として足元が冷える、そのような経験があるかと思います。
ヒノキのような無垢材は熱伝導率が低いので断熱効果があります。
また、自然素材の調湿力という湿度を調整するという効果もあります。
こうした効果により、夏は涼しくさらっとした足触りを感じるだけでなく、冬は冷たさを感じることがなく快適に過ごすことができるのです。

独特の風合いを感じることができる

無垢材は素材が持つ性質上、傷がつきやすいという特徴があります。
しかし、無垢材は多少の傷はむしろ独特の味わいとして感じることができ、合板フローリングとの大きな違いといえます。長い年月を味わいのあるものとして過ごすことができるのは自然素材ならではの魅力です。
また、年月を経るとともに劣化していくことは避けられませんが、それもまた色の経年変化として楽しむことができるのです。

リラックス効果がある

檜風呂に入ったことがある方は、ヒノキの香りに癒されたという経験があるのではないでしょうか。
このようにヒノキの持つ独特の芳香は気持ちをリラックスさせる効果があります。
また、害虫の嫌う香りでもあるので、虫を寄せ付けないという効果も期待できます。

高断熱住宅のメリットMERIT

実は、桧をつかっただけでは安全な家づくりとは言えません。
そのカビやダニを抑制するだけではなく、その発生源から対策をしていかなければなりません。
また、健康を考えていく上で、アレルゲンだけではなく、暑さ・寒さによる健康障害についても考えていかなければなりません。

断熱性の低い家の危険性

右図は家の中で起こる『住宅内事故』についてのグラフです。交通事故死は年々減っている反面、家庭内事故は増えているのです。
その原因の一つが『ヒートショック』です。
例えば、寒い部屋から浴室などの暖かい部屋に短時間で行き来することにより、大きな温度差が血圧の急変動を起こり、『心筋梗塞』や『心筋梗塞』などをつながることがあります。

断熱性の低い家は空気汚染と
カビ・ダニが発生しやすい

寒い家は断熱性能が低く、暖房器具を使用している部屋との温度差が高く、また、暖房器具により室内の空気を汚しさらに、水蒸気を発生させるので、ダニ・カビの発生のもととなる結露を発生させるのです。
そして、危ないのは冬場だけではありません。夏場においても室内においての熱中症で亡くなる方もいらっしゃいます。このように断熱性が低いはそれだけで危険なのです。

桧三昧は断熱性能最高ランクMERIT

高断熱にするには天井(または屋根)・床・壁など、家の外気に面するところに断熱材を入れることによって、
外の暑さ・寒さを室内に伝えにくく、そして、室内の温度も外気に逃げにくくすることが必要です。
そうすると家全体が魔法瓶のようなり、部屋間の温度差防止にもつながります。
高断熱の住まいは健康に良いだけではなく、冷暖房費も安くなるので、より安心の生活となります。
図では断熱性の低い家から高い家に住みかえた方の病気の改善度を検証したものです。
当社の桧三昧では国が定める断熱等性能等級の最高ランクである、『等級4』に相当する仕様となっておりますので冬にも夏にも強い家と言えます。

家は家族が生活の基盤となる空間です。
そして、家族の健康を願う人にとって自然素材と高断熱の住まいは欠かせない要素です。
どうかあなたが新しい家を建ててからも健康に安心・安全な暮らしを送れるように心から願っております。

家づくり革新暁の特徴feature

私たちの家づくりは地元棟梁と地元職人と共同でつくることによって、
低価格で高品質の家を建てることができます!!

私は工務店で培ったノウハウに加え、地元の職人さんとがっちりとタッグを組むことによって、無駄なコストを抑え、
高品質でも価格を抑えた家づくりを成功することができたのです。
そして、私は家づくりについての革新家として、業界の常識にとらわれずに、新しいことに畏れなく挑戦します。